一人暮らしをする予定がある人へ

気に入った物件が見つかったら

不動産屋で気に入った賃貸物件を見つけたら、次にやるのは物件の下見です。住民がまだ住んでいて部屋の中が見れないと言うこともありますが、正式契約の前には必ず下見をしましょう。物件の下見と言っても、建物の良し悪しだけしかチェックしないと言うのではいけません。周辺の環境を五感をフルに使ってじっくり確認することも大事です。賃貸物件に関する不満では、近所に必要な店や施設がないと言う項目がトップに上がってきます。

徒歩10分圏内にほしいもの

建物が気に入ったとしても、まわりに何もなければ暮らしにくくなるので注意しましょう。ちなみに、徒歩10分圏内にほしいものとして、コンビニエンスストアは必ず挙がってきます。深夜まで開いているスーパーや定食屋もほしいと言う人が多いです。また、施設で言うと、交番や病院が近くにあると心強いでしょう。とくに、一人暮らしの人にとって、これらの施設は重要です。そして、下見は時間や曜日を変えて何回か行くのが基本になります。

最も家賃が安いのは風呂なしアパート

また、若い人が一人暮らしをする場合、少々建物が古くてもいいから家賃が安いところがいいと言うことが多いです。最も家賃が安いのは、風呂なしアパートと言えるでしょう。このような賃貸物件は、銭湯の近くにあることが多いです。銭湯周辺に絞って探してみましょう。また、最近は単身者向けのワンルームに空室が増えてきました。このような物件は都心にたくさんあります。狭さに我慢できるのであれば、価値は高いと言えるでしょう。

札幌市清田区の賃貸マンションの近くにはスーパーといった商業施設が近くにあるので買い物が便利になります。

一人暮らしをする予定がある人へ