契約後に困らない!失敗しない賃貸の選び方

契約時に大切な書類のチェック

住みたい部屋が決まったら契約書類を書きますが、契約後のとらぶるを回避するためには契約の条件が正確に契約書に反映されているかを確認することが大切です。では契約するためには必要なものがいくつかあります。身分証・住民票・印鑑や収入を証明する書類などがあります。また、部屋を借りるにあたって連帯保証人をたてなければないけない場合が多く事前に親や親せきなどにお願いして証明に必要な書類を用意しておくとよいでしょう。

入居時に用意しておく費用は?

入居までに支払わなければならない費用がいくつかあります。これは契約する物件や業者によって額や支払うタイミングも様々なのできちんと確認しておく必要があります。では主にどのようなものがあるのでしょうか。一つは敷金です。敷金とは退去するにあたり部屋の原状回復費やその他精算が必要な時のために家主に預けるお金です。二つ目は火災保険料です。基本的には火災保険への加入が義務づけられている場合がおおく不動産会社が保険会社を代行して手続きを行ってくれます。

部屋を決めるときに注意したいこと

部屋を決めるときに注意したいポイントがいくつかあります。例えば部屋を見たときは良い印象をうけたとしても隣人が帰ってきたときや夜になると騒音が気になったり治安・害虫の有無などその時には気づかないことがあります。同じアパートの住人に聞いてみるのも一つの手です。また家賃値上げの可能性はあるのかきちんと契約書を読んでおかないと契約した後に後悔することになります。部屋を借りるときには家主の人柄やその地域の特徴などを調べ自分に合っているのかを見極め快適な暮らしを送りたいですね。

賃貸物件を探すベストな方法は、ずばりネット検索です。予めネットで目星をつけておいてから現地の不動産会社に訪問、内見するのが一番手っ取り早い方法です。

契約後に困らない!失敗しない賃貸の選び方